三国志12攻略サイト

城  スペック(動作環境)  城

はじめに

コーエーの公式サイトで三國志12をプレーするのに必要なスペックが公開されています。三國志12 動作環境

信長の野望天道と比較するまでもなく、かなり低めなので、興味のある方は一度確認してみることをおすすめします。これまでは、PS3などの家庭用ゲーム機に移植されるまで待たされていた方にも、今作は発売と同時に楽しむことができるかも知れません。

スペック詳細

私はパソコンに詳しいわけではありませんが、私なりに調べた内容をご紹介します。内容に誤りがあるかも知れませんので、疑わしい内容については各自でお調べください。

まず特徴的なのは、近年のPCゲームに必須ともいえるビデオカード(グラフィックカード)が必要ないという点です。これは、3Dのグラフィックを滑らかに表示するために必要なパーツで、値段も高いため、高性能をうたったパソコンにも入ってないことがあります。PCゲームの動作環境の欄にVRAMとあったら、ビデオカードの性能が問われているという意味ですので、ビデオカードがないパソコンでは当然プレーできません。信長の野望天道はもちろん、三国志11にもビデオカードが必要だったことを考えると、三国志12は今までプレーできなかったパソコンでも、プレーできる可能性があります。

次は、CPUです。CPUは処理能力を表す数値です。三国志12をプレーするためのCPUは、Celeron 1.2GHz以上、ATOM 1.5GHz以上とのことなので、かなり低めです。Celeron 1.2GHzは2001年にリリースされたパーツで、低価格のパソコンにも導入されているので、10年以内に販売されたパソコンだったら、問題なくプレーできる可能性が高いです。

メモリ(システムメモリ)は、一時的にデータを置いておくスペースのこと言います。三国志12では、1GB以上のメモリが必要です。近年のパソコンはどれも大容量ですので問題ないと思いますが、10年ほど前のパソコンだったらここが問題になるかも知れません。メモリは、パソコン購入後でも比較的交換しやすいパーツですが、素人が自力で交換することはおすすめできません。CPUが基準を満たしていて、メモリだけが足りない場合は、全てのデータのバックアップを残した上で、専門店で問い合わせてみるといいです。

ハードディスクの空き容量は、5.0GB以上が必要です。これは、不用なデータを削除したり、DVDなどに移し変えたりすればいいので、難しくはないはずです。

他にも、システムソフトウェアがWindows XP SP3以降だったり、ネットワーク環境が必要だったりします。それほど難しい条件はありませんが、念のため確認しておくことをおすすめします。

これらの条件は、いくつ満たせば大丈夫というものではありません。全てがクリアされていないと、快適なプレーは期待できないという意味です。インターネットで検索すれば、メーカーの推奨スペックよりも低いスペックでプレーできたという情報が見つかりますし、私自身も低スペックのパソコンで天道がプレーできた経験がありますが、それらの情報はあまり参考にしないことをおすすめします。同じ性能のパソコンでも、同じようにプレーできるとは限らないからです。

まずは、お持ちのパソコンのスペックを調べることから始めるといいです。Windows XPなら、「スタート」→「マイコンピュータの上で右クリック」→「プロパティ」でCPUやメモリが確認できます。Windows VistaやWindows 7ならおそらく大丈夫ですが、いちおう確認しておくことをおすすめします。調べ方が分からない場合は、上記の公式サイトから動作環境調査ツールがダウンロードできますので、それを利用することをおすすめします。

三国志12PKの攻略内容

パワーアップキット内容

みんなの評価(withPK版)

兵科能力(PK版)

都市技術の効果と利用法

おすすめ勢力(PK版)

おすすめ軍師

武将抜擢システム

三国志12の攻略内容

スペック(動作環境)

批評(レビュー)

みんなの評価(無印版)

オンライン対戦の評価

シナリオ

兵科の特徴

内政システム

都市一覧

特技一覧

戦法一覧

技法一覧

秘策一覧

おすすめ勢力(無印版)

おすすめ武将

イベントの発生時期と結果

内政に関する検証と結果

戦闘に関する検証と結果

戦闘攻略法

小技・裏技集

新武将登録の作成例

マニアックプレー